上司への質問の仕方を変えてみよう

営業マンの皆さん、わからないことがあった時や困った時ってどうしていますか?

ほとんどの方が先輩営業マンや上司の方に質問をして解決していると思います。

ですが、質問の仕方まで気を遣ったり、工夫して質問を受ける側がわかりやすいようにしたりしていますか。

今回は、そんな質問の仕方に関してお話ししていきたいと思います。

 

そのまま質問しているようではいけない

 

わからないことがあった時、「◯◯ってどうしたらいいですか?」のような聞き方をしている人はいませんか。もちろんこの聞き方をしても回答は帰ってくると思うのですが、今回はもっと質問を具体的にするべきだというお話しをしたいと思います。

例えばあなたがテレアポで、全然アポが取れずに困っていたとします。

「どうやったらアポが取れますか?」

このように聞くと、その先輩は自分の体験談などからアポの取り方を教えてくれるでしょう。

 

ですがちょっと工夫してこのように聞いてみてはいかがでしょうか。

「アポが取れなくて困っているんですが、主に最後のクロージングの部分で逃げられます。先輩ならこんな時どう突破しますか?」

さっきの質問との違いに気づいてもらえましたでしょうか。

こちらのパターンでは質問の内容がより具体的かつ、自分ごとに落とし込まれているんですね。

だから、質問された側も具体的なアドバイスがしやすいのです。

そして具体的なアドバイスがもらえるということは、それだけ自分の成長にも繋がりやすくなるということなんですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は質問の仕方についてお話ししてきました。

先ほどの例のように具体的な質問を心がけていると、より具体的なアドバイスが帰ってくるのでオススメです。

また、普段から質問する時にこのポイントを意識していることで、自分の現状での問題点はなんなのかを意識することができるようになるんですね。

質問を具体的にするためには、自分の弱点や課題がわからないとできないためです。

なので、質問を工夫していると、

課題がよく見えて来る→それに対して具体的なアドバイスがかえってくる→課題がスムーズに解決できる。

といういいサイクルが生まれて来るので、ぜひこの記事をご覧になった営業マンの方は明日から質問の仕方を工夫して、自分の成長につなげていってくださいね。

即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼