ゴールデンサークル理論を使って、話を上手に伝えましょう

営業マンの皆さん、お客さんと話をしていて自分の言いたいことがなかなか伝わっていないなと悩んでいることはありませんか。

営業は結局のところ人の感情を動かすことができないといけないものなので、話に魅力がなかったり伝え方が下手くそだと契約が取れる数も少なくなってしまうのが現実です。

では、どのようにすれば上手に、魅力的に相手に話を伝えることができるのでしょうか。

今回は、ゴールデンサークル理論というものを使って話を上手に伝える方法についてご紹介したいと思います。

 

ゴールデンサークル理論とは

 

ゴールデンサークルとは、マーケティングコンサルタントであるサイモン・シネック氏が、2009年に「TED TALK」でプレゼンした「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」の中で提唱した理論のことを言います。

この理論を簡単に説明すると、優れたリーダーや組織には共通する考え方があり、それは意パン人のものの伝え方とは真逆だということを「なぜ」「どうやって」「何を」の三つを使ってゴールデンサークルとして表したものです。

 

具体的な例を示していうと、企業が新たな製品のプレゼンをしているとします。

一般的な企業であれば

「何を」:高性能でハイスペックなPCが誕生しました。

「どうやって」:難解な動画編集などもサクサク行えます

「なぜ」:・・・・・

このようになぜの部分がそもそもわからず詰まってしまいます。

 

ですが、ゴールデンサークルを使っているAppleを例に出すと

「なぜ」:私たちは世界を変える革新的な発明ができると信じて努力しています。

「どうやって」:難解な動画編集などもサクサク行うことができれば世界は一歩進化します。

「何を」:その結果この、高性能でハイスペックなPCが誕生しました。

 

こんな感じで順番を逆にするだけで話が魅力的に聞こえるんですね。これは「なぜ」の部分が人間の心には響くからなんですね。

なので、日頃からこの順番を意識して話をするようにすると相手に魅力のある話ができるようになるかと思います。

ですが、しっかり考えないと「なぜ」の部分がそもそも出てこないと思うのでそこも一緒に考えてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか

今回はゴールデンサークル理論を使って話を上手に伝える方法についてお話ししてきました。

ぜひ明日から実践してみてくださいね。

即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼