これだけはやっておけ!初心者営業マンが売れるために押さえておきたいポイント

営業を始めて1ヶ月も経たないうちは、どんなことをすれば契約が取れるのか、どうすればバンバン売れている先輩のようになれるのかなかなかわからないですよね。

ですが、営業の世界はよくも悪くも自分の結果が全て数字で見えてしまうため、契約が取れないとどんどん営業の仕事が嫌いになってしまいますし、逆に契約がたくさん取れればどんどん営業の仕事が面白くなってくると思います。

そこで今回はまだ営業マンになりたての人が、いち早く売れる営業マンになるために意識しておきたいポイントについてお話ししていきたいと思います。

 

扱っている商品の知識を完璧にしておく

 

これは当然といったら当然のことなのですが、自分が扱っている商品やサービスのメリットやデメリットなどはしっかりと押さえておきましょう。初めのうちは実際の商談などでわからないことも出てくるかと思いますが、メモして同じミスをしないようにしておきましょう

 

 

まずは先輩を真似るところから始めましょう

 

いきなり自分のやり方で突っ走ろうとする人が新人の中にたまにいますが、やめておきましょう。売れる人には売れる理由があるから売れていることを忘れてはいけません。売れる人のやり方をまずは真似てみて、ある程度成果が出るようになってから自分のオリジナルを出す方が結果的に早く売れるようになることが多いです。

 

質ではなく量をまずは追う

 

新人の頃から効率や質ばかりを意識する人がいますが、営業の仕事は経験をたくさん得ないとわからないことがたくさんあります。先輩が100件電話して1アポとれているならまずは、自分は200件かけることを意識していきましょう。

もちろんずっと200件かけないとアポが取れないようではいけませんが、量を追った後でsいつに転換した方が見えてくるものが多いので、まずは量を意識しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は新人営業マンがいち早く売れるようになるために意識しておきたいポイントについてお話ししてきました。

最初の頃は営業ってしんどいイメージが先行しやすいですが、やれば誰でも成果をあげられるのも営業の特徴です。

今回の内容をもとにしていち早く売れるようになって営業の仕事が楽しいと思えるように頑張ってくださいね。

即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼

人気の記事

  • facebook
  • Twitter
  • amazon
  • メルマガ
  • セミナー申し込み