超一流生保営業マン黒木勉に学ぶ、保険の営業術

あなたは保険営業の実情をご存知ですか?顧客のライフパートナーとして人生設計をお手伝いしますと響きの良い文言で人材募集をしていますが、離職率も高く大変な業界ともいわれています。

わずかな固定給に対して過酷なノルマが課せられ、その結果営業のセンスがない人は離職してしまうというのが現実なのです。その一方で、1年目から数字を上げていっている営業マンがいるのも事実です。

今回は、大手外資系保険会社に入社以来連続でMDRTを達成している一流生保営業マン、黒木勉に学ぶ保険の営業術をご紹介していきます。

■反応は素早く

営業に関して、売れる売れない以前にお客様に信頼されるかどうかで成果が変わってきます。良い営業マンは信頼構築を何よりも大事に行うのです。この信頼を構築するために重要なのが反応の素早さで、メールの返信1つとっても可能な限り早く返すことを意識しましょう。

■わかりませんとハッキリ言う

「わかりません」という言葉を言うには勇気がいりますよね。勉強不足とお客様に思われてしまうかもしれません。ただ、分からないことを隠しその場しのぎで印象を良くするだけでは、結果的にお客様に役立つ情報を与えることはできません。

良い営業マンというのは、自分に答えられる範囲はしっかり答えて、分からない部分を分からないとはっきり言えるのです。

■話を最後まで聞く

お客様第一に考えている営業マンは自分の営業トークを永遠と話すのではなく、お客様の話をよく聞くのです。話を聞くことによってお客様からの信頼も獲得できますし、何より正しい提案をすることができ契約にもつながります。

保険の営業についてお分かりいただけたでしょうか?

厳しい世界ではありますが、ノウハウをしっかり学んで根気強く営業していくことで成果も出る仕事でもあります。

黒木勉著書の「超一流の保険営業術 1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法」には今回紹介した営業術以外にも営業のリアルなアドバイスが載っているので、保険営業でお悩みの方は一度そちらも参考にしてみてくださいね。

▼LINEで営業無料相談承っております▼