千田琢哉から学ぶ20代からトップセールスマンになるための秘訣|教養編

『20代で知っておくべき「本当の教養」を教えよう。』『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』などの著者で知られる千田琢哉さんはご存知ですか。
 
トップセールスマンを目指す方ならぜひ知っておいて欲しいビジネスパーソンの一人です。
営業成績が伸びずにお悩みの方も多いと思いますが、がむしゃらに働くのを立ち止まって、先人から成功のヒントを手に入れるのも重要ですよね。
 
そこで今回は超エリートビジネスパーソンの千田琢哉の言葉から、20代のうちにトップセールスマンになるための秘訣をご紹介していきます。

■千田琢哉ってどんな人?

愛知県生まれ、岐阜県育ちの千田琢哉さんは、東北大学教育学部を卒業したのち、日系損害保険会社、大手経営コンサルティング会社で勤務。
その経験を活かして今では独立なされました。
 
営業マン、コンサルタントとしての経験を持つ彼からは学ぶべきものが多くあります。
著書はもちろん、朝日新聞や日経ビジネスにも多く取り上げられているので、一度検索して見てみるといいかもしれませんね。

■20代だからこそ教養を身に着けよう

若手営業マンが成長するにはどうすればいいのでしょうか。
 
その一つに教養を身に着けなければならないというポイントがあります。
千田さんによると、将来成功する20代の共通点として、「知りません」と受け答えする機会が少ないことが挙げられるそうです。
反対に言うと、将来成功しない人は「知りません」を連発するということです。
 
「知らないことを知らないと言ってもいいじゃない」と思われるかもしれませんが、知らないことが多い=教養や知識がないということです。
上司や取引先との会話で「知りません」を連発していると、「この人は付き合う価値が無いな」と見限られます。
 
「知りません」を連発しないためにも、20代のうちから業界のことはもちろん、読書などでインプットを多くして教養を身に着けておきましょう。

■教養のない人がやりがちな3つのミス

1.ググったらすぐにわかることを人に聞く
2.バカでかい声で挨拶する
3.威嚇するような服装をしている

上記3つのことをついやってしまっていたという方は治すようにしましょう。
 
ググったらすぐにわかることをイチイチ先輩や上司に聞くのは、自分の無能さを露呈してることでもあります。
バカでかい声で挨拶をするのも、高校球児なら爽やかに見られるかもしれませんが、ビジネスパーソンではそうなりません。
 
また相手がたじろぐほどの斬新な服装や香水を身にまとっている方も、自分に自信がないだけかもしれません。
自分に自信がないのなら、人一倍勉強して知識や教養を身に着けましょう。
 
 
いかがでしたか。
20代から成功したい!と思う方は教養を身に着けるようにしましょう。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●YouTube動画で今すぐ見られる「即決営業塾」無料配信中♪
https://www.youtube.com/channel/UC8zsQuGZ7nQXsqq1qn3VfGA
チャンネル登録していただければお知らせが届きますので
随時アップされる動画を見逃すこともありません^^
即決営業を、動画でもじっくり学んでくださいね!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

▼LINEで営業無料相談承っております▼

人気の記事

  • facebook
  • Twitter
  • amazon
  • メルマガ
  • セミナー申し込み