横山信弘が教える!トーキングを盛り上げる方法とは 必要な技術は?

 

営業をしにクライアントと会っても、「自分なりに頑張って話題をふろうとはしたけど、いまいち盛り上がらなかった。

そのうえ、最後の方には話題が尽きて、気まずいことこの上なかった。もっと話術があればいいのに。

でもこういうのって才能がないとどうにもならないんだろうな。」こんな悩みを抱えていませんか。

 

確かに、生まれつきどんな人とも話すのがうまい人はいます。「この人は相手にしゃべってもらえるような話の持っていき方が上手だな。」何も考えなくてもこのような印象を人に与えるような人はいます。

しかし、諦めるのはまだ早いと思います。実はあることを心掛けるだけで、うんと話が弾むようになるのです。

今回は横山信弘さん流のトーキング手法についてご紹介します。

■営業のカリスマ講師 横山信弘さん

ご存知の方も多いとは思いますが、まずは横山信弘さんがどのような人なのかご紹介します。

彼は現場に入り、目標を必ず達成させることのプロフェッショナルです。

一年間にこなすセミナーの数は100を超え、しかも常に満員御礼という状況。

彼の書くコラムにも人気があり、月間アクセス数は200万PVを超えます。

そんな彼が提唱するトーキング手法とはどのようなものなのでしょうか。

■リアクションが命!

彼によれば、うまく営業トークをするのはリアクションが大切です。

「リアクションならちゃんとしている。」と思われるかもしれません。

しかし、実は普通のリアクションだけでは不十分です。それでは反応が薄いと思われる可能性があります。

「オーバーすぎるかな?」というくらいのリアクションこそが大事なのです。

ややオーバーにリアクションを取り、相手の話にくいつくそぶりを見せることで、相手が話しやすいと思える雰囲気になるのです。

■リアクションを実際にとってみた場合

例えば、あなたが最近ショックなことがあった、と漏らすとしましょう。

もし聞き手が、「ふーん、そうなんだ。」という反応を返したらどう思いますか?

相手は何気なくそのようなリアクションをとったのかもしれませんが、「あれ?この人私の話に全然興味ないんじゃないのかな?」と思うのではありませんか。

逆に聞き手が、「え!?そうなの!?○○さん、それは大変だね。何があったの?大丈夫?」と聞いたらどうでしょうか。

「この人は自分の話に興味があるんだ。なら話そう。」というようになりませんか。

■まとめ

いかがでしたか。

横山信弘さんによれば、リアクションをややおおげさすぎるくらいにすることによって、相手が話しやすいと感じる雰囲気を作ることができます。

一度実践してみてはいかがでしょうか。