千田琢哉が教える! トーキングが上達するために必要な力とは

 

「ああ。自分はセールスには向いていない。自分にはコミュニケーション能力とか話術とかが根本的に欠けているんだ。」そうお悩みの営業の方は少なくないかと思います。

確かに、きちんと営業成績をあげるためにそうした、コミュニケーション能力や話術が必要なのは事実です。

では、コミュニケーション能力や話術とはなんでしょうか。

努力しても手に入らないものをイメージしていませんか。

実はそんなことはありません。

そこで今回も千田琢哉さん流、セールスに必要なコミュニケーション能力についてお伝えします。

■コミュニケーション能力の正体は後天的な、語彙力!

彼によると、実はコミュニケーションをするうえで大切になってくるのは、自分の努力でなんとかすることができる、語彙力です。

語彙力があれば何かをより適切な表現で形にすることができます。

「そうか。語彙力があれば、話術巧みに相手を説得することができるのか!」と思われたかもしれません。

しかしそれは若干違います。

■相手の言いたいことを語彙力で補助できる

語彙力の恩恵は何にあるかというと、相手が何かを言いたいけれどうまく表現できないとき、それを代わりに言ってあげることができる、ということです。

これはお客様と信頼関係を結ぶのを助けます。

お客様は基本的に、セールス・パーソンより商材について詳しくありません。

セールスを初めて聞いた時には「よくわからないなあ。」や「大丈夫かな。ひょっとして騙されているんじゃないかな。」と不安に思っているかもしれません。

そして、それを解消するために質問をしようとするかもしれません。

 

けれども、門外漢にとっては自分が何を疑問に思っているかを突き止め、それを相手に適切に伝えることは想像以上に難しいことなのです。

中学や高校に通っていた時のことを思い出してください。

勉強がわからなくて友達や先生にきいているときに。

何が分からないのか分からない、けど確かに勉強内容を理解していない。ということはありませんでしたか。

そしてにっちもさっちもいかなくなったことはありませんか。

そこで、自分なりに単語と単語をつなげて、たどたどしくわからないことを伝えたら、友達や先生が「こういうことがこういう意味で分からないんだよね。」と前置きしてそれについて説明をしたということもあるかと思います。

そういう時にはものすごくわかりやすいと感じたのではないでしょうか。

そして、この人教えるのがうまいなと信頼感を持ったのではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたか。

ぜひ語彙力を身につけて、相手の疑問点をうまく代弁してみてくださいね。