永遠の愛も翌日には気が変わる?

4a344959740c2d19767864c129538b57_m

おはようございます。

セールス堀口です。

前回は、契約寸前までにいきながら、
お客様の保留を許してしまうことで
他の営業マンに契約をさらわれてしまう。

それを「トンビに油揚げ理論」という
お話しをさせていただきました。

人の心というのは、元来コロコロ変わるものです。

例をあげましょう。

キリスト教徒が多いアメリカ人の多くは、
結婚時に神の前で永遠の愛を誓っていると思います。

それにも関わらず、
アメリカでは2組に1組が離婚しています。

「世界で一番愛している」

と恋人に言った人の多くは、
実際その時は本当に愛していたのかもしれませんが
翌日には、別の相手に同じようなことを
言っていることもあるのです。

このように、人の気持ちはコロコロ変わるものなのです。

それにも関わらず、なぜ人は
相手の言葉を信じてしまうのでしょうか?

営業マンなら、お客様の言葉を信じてしまうのか?

それは、

期待するからです。
~~~~~~~~~~~~

人は、自分が望んでいる言葉を信じる生き物なのです。

「一生、愛しています」

と恋人に言われたら信じてしまうように、

「契約しますので、明日ご連絡します」

と言われた営業マンは、
ついお客様の言葉を信じてしまうのです。

しかし、翌日になってお客様に契約を断られたとしても、
お客様が悪いわけではなく、信じた営業マンがいけないのです。

今日の「愛している」の気持ちは
明日の「愛していない」に変わる可能性がある。

だから結婚制度という「約束」があるのです。

営業の場合も同じです。

今日の「買いたい気持ち」は
明日の「やっぱりやめとこう」に変わる可能性が高いので、
その日のうちに、契約という「約束」を結んでおきましょう。

即決とは、お客様とその場で
「約束」を結ぶこととも言えます。

これが即決すべき理由です。

即決営業がいかに重要か今日のお話しでも
ご理解いただけると思います。

今週も即決営業で頑張ってくださいね!

それでは本日は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

また次回もお会いしましょう☆

よろしくお願いいたします。

即決営業コンサルタント

セールス堀口