研修内容

ディベート研修

 

営業とは交渉です。
自らの主張を通すにはどうすればいいのか?
相手の主張を崩すにはどうすればいいのか?
数々のテーマに合わせてお互いの主張をぶつけ合う討論練習です。

★『話し方テンプレート』
自らの主張を効果的に相手に伝えるための論理的な話し方を、テンプレートに当てはめて学んでいきます。

アドリブ作成研修

〜ご自身の業種に合わせた効果的なフレーズ作成〜

10種類の「交渉カード」と「考えますカード」を使って、営業現場で使える具体的なフレーズを作成していく研修です。
ご自身の業種に合わせたクロージングマニュアルが作成できます。

★『交渉カード』
即決を通すための効果的なフレーズを「交渉カード」を使って作成していきます。

★『考えますカード』
お客様の「考えます」の理由を洗い出し、「考えますカード」を作成します。

スイッチング研修

〜クロージングのタイミング練習〜

お客様を自然な流れで契約に誘導するには、自らが話すタイミングと、相手に話させるタイミングを操作していく必要があります。
この研修では、「主導権プレート」を使って、話の主導権の受け渡しのタイミングを学びます。

 

連打トーク

 

自らの主張を通すときには、それを裏付ける理由が必要になります。
さらにその理由を複数組み合わせることによって、トークに論理的な説得力が増します。
この研修では、アドリブ作成研修で作成した交渉カードを使って、連打フレーズを作成していきます。

 

訴求チェック

 

「契約してください」の具体的な言い回しの作成と、それを営業担当者がお客様にしっかりと言えているか?訴求できているか?のチェックをしていきます。

★メリット1:成功体験と失敗体験の共有
営業現場での個々の成功体験と失敗体験を組織全体で共有することによって営業現場における「良い」「悪い」の判断基準が明確化します。

★メリット2:恥をかく場所ができる
人は誰もが「周りの人達にどう思われるか?」を大きな問題としてとらえています。営業担当者の「恥をかきたくない」という心理が、「逃げない営業スタイル」を作ります。

★メリット3:第三者介入
「ストーカー対策と営業部強化対策は第三者介入が効果的」とはよく言われることです。
解決困難な問題ほど専門家を介入させることが、いちばんの近道です。