人前で話すのが苦手な人の対策は◯◯にあり

unspecified-4

人前で話すときに、緊張して何を話したらいいのかわからなくなる、自分の話は本当に聞いてもらえているのか不安になる、このような悩みを抱えていて、人前で話すことが苦手になっているという方は少なくないでしょう。

ですが、人前で話すのが苦手な方にはある特徴が存在しており、それを克服することができれば人前で話すことは苦手ではなくなります。

そこで今回は、人前で話すために必要な、「確信」についてご紹介します。

始めと終わりの重要性

人前で話すのが苦手な人の特徴として、話すことを何も決めていないということが挙げられます。人前で話すのが上手い人というのは、たとえアドリブであったとしてもある程度話すことを決めているのです。特に最低限決めておけば、人前で話すときにかなり楽になるポイントとして、①始めの入り方②終わりの締め方、この2点を決めておくといいでしょう。

そうすることで間は話をつなぐことができますので、時間がきたら、あらかじめ決めていた終わりの締め方をすれば良いだけになるので、かなり話もまとまって聞きやすくなります。

そしてこの話すことをあらかじめ決めているということで、話すのが上手い人には「確信」が生まれるのです。ある種の自信みたいなものです。これが聞き手に与える影響は大きいものがあり、話し手に迷いが生じているのがわかるとそれは聞き手に伝わります。そして聞き手も話が頭に入ってこなくなる悪循環になってしまいます。

特に営業マンの方で人前で話すのが得意ではないという方に意識していただきたいのはこの「確信」の部分なのです。例えば、看護師の方は注射を打つときにためらったり迷ったりしませんよね?逆にもしも迷っていたりしたらこちらがすごく不安になってしまいます。

 

これが実は営業の商談においても同じことがいえるのです。

商談の際に自信のなさそうな話し方や表情をしているとそこに「確信」がないために、相手は納得せず、契約は遠のいていってしまいます。

逆に「確信」があれば人は納得します、そう契約につながるのです。

まとめ

いかがでしたか?

人前で話すのが苦手な方はあらかじめ話すことをしっかりと決めておいて「確信」をもった状態で話せるようにしてみてください。そして、営業マンの方はこの「確信」の有無が契約に関わることを覚えておいてください。

即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼