リストの精査はしていますか?

テレアポをしている営業マンの皆さん、アポが取れなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。

「ロープレもしっかりやっているし、打電数もしっかり足りているのになぜかアポが取れない」そんな風に感じることはありませんか。

ですが、テレアポにおいて最重要項目である「リスト」がうまく使えていないといつまでたってもアポを取ることはできません。

そこで今回は、テレアポにおけるリストの精査についてお話ししていきたいと思います。

 

負け戦をするべきではない

 

テレアポにおいて、リストの精査ができていないと、ずっと負け戦をしている状態になります。

特に会社からリストが渡されている場合の営業マンの方は要注意です。

今まで渡されたリストを上から順番にかけたりしていませんでしたか?

そんなことをしていては負け戦をしているだけになります。

なぜなら、渡されたリストには誰がどんな営業をかけても絶対に契約にならない人もいれば、かけるべき時間帯などもわかっていないからです。

 

会社からリストが渡されているのであればまずはそのリストを精査するところから始める必要があります。

主に意識してみておきたいポイントは

・そもそもニーズのある顧客層なのか

・繋がりやすい時間帯はいつか

・架電結果(どんなトークを使って断られたのか)

この辺りに重点をおいて精査していただければ、空に質の良いリストが出来上がるかと思います。

 

そして、リストの精査が終われば後は、そのリストの中で繋がりやすい時間の相手にかたっぱしから電話して行くだけでも、今よりアポが取れる確率はぐっと上がるかと思います。

なぜなら、今まで負け戦に使っていた余分な時間がなくなり、その時間に見込みのある相手にアプローチをかけることができるからです。

また、架電した時の結果をメモしていれば、次回全く違う切り口から攻めることもできてきます。

リストを精査していると今までよりもできることがかなり増えてくるんですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はテレアポにおけるリストの精査についてお話ししてきました。

渡されたリストを一つ一つ精査するのは面倒なことかもしれませんが、その一手間がアポやあなた自身の意成長にも繋がります。

今アポが取れなくて困っている方はぜひ実践してみてください。

即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼