千田琢哉から学ぶ20代からトップセールスマンになるための秘訣|読書編

「新卒の内から活躍したい」「20代で一流の営業マンになりたい」という方は多くいらっしゃるでしょう。
そんな方に参考にしてほしいのが、千田琢哉さんです。
 
千田さんは東北大学教育学部を卒業したのち、日系損害保険会社、大手経営コンサルティング会社で勤務した経験を持つ超優秀なビジネスパーソンの一人です。
さらに自身の経験を活かして、多数の著書を出版しています。
 
20代からトップセールスマンになるにはどうすればいいのか、早速見ていきましょう。

■20代だからこそ読書をしよう

千田さんの著書に『一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法』や『本を読んだ人だけがどんな時代も稼ぐことができる』などがあるように、読書の大切さを語っておられます。
実際優秀なビジネスパーソンほど読書をしていると言われていますよね。
 
がむしゃらに仕事をするのも大切ですが、様々な本を読み、自分になかった新しい気付きを得ることで仕事の調子もだんだんと良くなってくるというものです。
 
20代に本を読まずして、いつ読むのか。
30代、40代になってから読書を始めていたのでは少し時期が遅いです。
 
なぜなら働き盛りの20代には伸びしろもたくさんあり、トライアンドエラーを繰り返すことができる時期でもあるからです。
読書で学んだことを自分流に受け入れて、実際の仕事でも活かしていきましょう。

■膨大な言葉のシャワーを浴びておけば、あなたに必要な言葉だけが潜在意識にストックされ続ける。

千田さんの著書の中にこういった言葉があります。
確かにたくさんの本を読めば、その分だけ多くの言葉に出会います。
ですが人間の脳には限界があり、全ての言葉を覚えきることはできません。
 
しかし自分で「これいいな」と思ったことはなかなか忘れないものですよね。
そういった言葉はあなたにとって必要な言葉です。
 
それらの必要な言葉は潜在的に脳内にストックされ、ここぞという時にその言葉が役に立つでしょう。
仕事で失敗した時なども、「今悪かったことは本で言うところのこの言葉だったのか」という風にもなるかもしれませんね。

■群れていると、読書の時間が作れなくなる。群れた羊でいるよりも、自分磨きを究めるライオンになって輝き続けよう

人と一緒にいる時間が長いと、その分だけ自分の読書をする時間が減り、総じて自分への投資の時間が減ることになります。
営業マンにとっての読書は自己投資といっても過言ではありません。
自分の時間がない方はこれを機に、一人になれる時間を作ってみましょう。
 
 
いかがでしたか。
今まで読書をしていなかったという方はこの機会に是非読書を始めてみてくださいね。
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●YouTube動画で今すぐ見られる「即決営業塾」無料配信中♪
https://www.youtube.com/channel/UC8zsQuGZ7nQXsqq1qn3VfGA
チャンネル登録していただければお知らせが届きますので
随時アップされる動画を見逃すこともありません^^
即決営業を、動画でもじっくり学んでくださいね!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

▼LINEで営業無料相談承っております▼

人気の記事

  • facebook
  • Twitter
  • amazon
  • メルマガ
  • セミナー申し込み