朝倉千恵子に学ぶ、信頼関係の作り方

あなたは営業で最も大切なことは何だと思いますか?

「売っている商材」「アプローチの仕方」「事前の準備」などももちろん重要なことですが、最も重要なのは「信頼関係を構築する」ということです。

これは営業だけでなく、人生で一番大事なことでもありますよね。しかし信頼関係の作り方というのは学校で教えてくれるものでもありません。

友達とは毎日一緒にいて長い時間を過ごす中で信頼関係を構築することができますが、営業マンに与えられるのはアポイントのたった何分かです。

この短い時間の中でどのように営業マンは信頼関係を構築すればよいのでしょうか?

今回は、人材育成のエキスパート「朝倉千恵子」に学ぶ、信頼関係の作り方についてご紹介していきます。

■行動の積み重ねこそ信頼関係の近道

行動するための条件・基準を持つことが自分の中に「信念」を作ることになり、信念がある人こそ人との信頼関係を作ることが上手なのです。

そして、その信念を貫いた行動をすることが、信頼関係をより強硬なものとするのです。

■悪口は言われなさい!

信念を貫くといっても、それに歯止めをかけるのが周囲からの悪口です。やはり結果を出している人というのは、他人からの嫉妬や妬みが尽きることはありません。

ここで、朝倉流のアドバイスとしては「悪口は言われなさい!」ということです。悪口を言われているということは信頼されている証拠なので、悪口を言われようとぶれずに信念に正しく生き続けましょう。そうすることであなたに対する信頼がより深まります。

成果を出すのに能力や技術以上のものがあります。それが人との信頼関係なのです。信頼関係を作れる営業マンというは、経験がなくてもどんどん成果を上げていきます。

人としての財産は経験だけではなく、他人からの信用、信頼感なのです。

もう一度自分の営業スタイルを見直してみてください。しっかりクライアントとの信頼関係を構築できていますか?

信頼関係を作ることがまだできていないという方は、ぶれない「信念」をもって相手からの信頼を獲得する営業マンを目指してみてください。

▼LINEで営業無料相談承っております▼