横山信弘氏に学ぶ、やる気に左右されなくなる4ステップ

「先月と今月で、営業成績のムラが激しい」
「営業に対するやる気が出ない…」

そんな風に、「自分ではどうにもならないやる気」に関する問題を抱えてはいませんか?
実は、やる気がなくても当たり前に営業ができるようになる、魔法のような方法があるんです。

今回は、年間100回以上のセミナーを会社経営者やマネージャーに対して行う横山信弘氏から学ぶ、「やる気に左右されなくなる4ステップ」について、ご紹介します。

■学習の4段階

横山氏は著書『絶対達成マインドのつくり方』において、NLP理論にもとづく「学習の4段階」に触れています。
この4つのステップを踏まえれば、苦にならずに行動できるというものです。
4つのステップは、以下のように分類されます。

1 わからない状態(無意識的無能)
→運転方法を知らないから運転できない。

2 わかっちゃいるけど状態(意識的無能)
→方法は学んだけれど実際の運転がわからない。

3 がんばる状態(意識的有能)
→意識すれば(頑張って緊張すれば)教習所で運転できる

4 あたりまえ状態(無意識的有能)
→運転に慣れている人は、頑張らなくても車を運転できる。

つまり、営業についても慣れていてあたりまえになれば、頑張らなくても、例えやる気があまり出なくても成果が残せるようになるでしょう。
では、いったいどのようにしてこの4ステップを飛び越えられるのでしょうか?

■無理をすれば、それが当たり前になる

4ステップと言いましたが、最初の2ステップは多くの人がクリアできます。

営業でつまづいている人の場合、大抵が「がんばる状態」で悩んでいることでしょう。
営業のノウハウも分かり、頑張れば契約がとれることもありますよね。
けれど、それには多大な緊張がつきまとうため、とても疲れてしまうし、やる気も少なくなってしまいます。

こんな状態のときは、あえて無理をして、兎に角数をこなすべきです。
少々キツイと思う課題を自分に課すことで、自分が成長しているという実感を持てるようになるでしょう。

頑張っていると周囲の人は、「そんなに無理をしなくても」とか、「がむしゃらにやるだけじゃだめだ」と言ってくるかもしれません。
しかし、そんな人たちの言葉に、耳を貸してはいけません。
何故ならその人たちは、あなたが自分よりも頑張って働いていることに、不安を覚えているだけだからです。

体調的にも精神的にも、もう少ししたら倒れるかもしれないというところまで無理をしてみましょう。
無理をしないことには、成長できません。
今の自分よりもほんの少し、仕事に向き合う姿勢を強めれば良いのです。

▼LINEで営業無料相談承っております▼