営業の神様!営業の神様、加賀田晃さんが実践しているノウハウ 2選

「営業をはじめて少し経つけれども、いまだに自分のアプローチが正しいのか分からない。」や「営業を自分なりにやっているが成果が出ない。

尊敬できる人のやり方が知りたい。」と考えている方は少なくないかと思います。

そこで今回は営業の神様と呼ばれる加賀田晃さんの営業方法についてご紹介します。

■営業の神様、加賀田晃さんとは

営業をなさっている方でしたらご存知の方も多いとは思いますが、加賀田晃さんについてご紹介します。

彼は23歳から17社で飛び込み営業を経験し、全てでトップになりました。

さらに、うち16社では入社初日から売上トップを記録しています。彼は、初月売上全国トップを皮きりに総ての営業で連続トップを記録しました。

最も長く勤めた学研の飛び込み営業ではなんと、1年間契約率100%)の記録を樹立したそうです。

まさに営業の神様と言うべき存在です。『営業マンは「お願い」するな!』という有名な本も出しています。

そんな彼が営業で心がけていることとはなんでしょうか。どうやら加賀田さんにしかできない特別なことではなく、根性さえあればだれでも真似られるようなことのようです。

■「あなたが特別なんです!」アピールが肝心

突然ですが、あなたは周りの人から大切に思われたいですか?

ここで、「私は周りの人から必要とされたいと思いませんし、むしろ蔑まれたいです。」という方は少数派だと思います。

営業においても同じことが言えます。営業をする相手が人間である以上その方は特別感を欲していると考えられます

。次からは営業相手に「あなたは重要なんです。」ということをアピールしましょう。

そうすれば相手も気をよくして話を聴いてくれるかもしれません。

相手に「重要なんです。」というメッセージを伝える手段として有効なのは質問をすることです。

加賀田さんによればただ褒めるよりもずっと効果的なのだとか。

■商品を買った未来を当然のように見せるべし!

加賀田さんが利用しているものの一つに「当然意識」というものがあります。

これだけだと分かりにくいかと思いますので具体的に説明します。

彼は営業で商品を買ってもらうときに、お客さんが商品を買うのが当然であるという意識で話し、振舞うそうです。

そうすることによりお客様は「自分が商品を買うのが当然だ。」と考えるようになるのです。

■まとめ

以上、営業の神様である加賀田晃さんが実践していることの中からいくつかご紹介しました。

・「あなたは特別」感を出す
・商品を買うのが当然のようにふるまう

ことが大切なようです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。