営業マンは報酬にこだわれ!

438-12

おはようございます。

セールス堀口です。

営業マンの報酬はなぜ高いのか?

それは単純に、

「営業マンの取り扱う商品は高額だから」です。

例えば、80万円で売れる商品があったとします。

これを営業マンが売る場合は100万円に設定して
差額の20万円を営業マンが報酬として受け取ります。

なぜ20万円も報酬があるのか?

それは、ちっぽけな報酬だと
営業マンはやる気が出ないからです。

例えばスーパーのレジ打ちのような
一般的な仕事と比べたら
営業職は特に高報酬に見えますよね。

それは、営業職の方が精神的ストレスの度合いが
圧倒的に高いからなんです。

報酬が高くないと
だれも営業なんてやらないからなんです。

営業はきつい仕事です。

朝から晩まで長時間テレアポしたり、

イベント会場でチラシを配ったり、

数えきれないくらいのインターホンを押して
飛び込み営業をやり続けたり……

さらに、営業マンは、お客様から
人間扱いしてもらえなかったりします。

実はこれ、けっこうよくあることです。

これは前回もお話したことですが、

お客様と約束したにも関わらず、すっぽかされたり、

約束の時間に訪問しても、居留守を使われたり、

強面のご主人に「今すぐ帰らなきゃ警察呼ぶぞ」と

悪者扱いされたり、

2階の窓からBB弾で打たれたりもしました。

営業マンの方や、営業経験者の方なら、
一度や二度はこういう経験をしたことがあると思います。

これって普通、つらいですよね。

営業職はつらい「逆境」の仕事です。

その「逆境」を乗り越えようと
するからこそ人は「成長」します。

そしてその「逆境」の向こう側にある
目的は「高報酬」なのです。

営業マンは「高報酬」を目指します。

「高報酬」ではない営業職など誰もやりたがりません。

その営業マンの報酬を高くするためには
商品価格を高く設定するしかないのです。

だから営業マンの取り扱う商品は高額なのです。

営業マンは結果が全てです。

この報酬こそが、営業マンの結果であり、
自分の価値の基準になります。

営業マンは「結果」にこだわること。

すなわち「報酬」にこだわることが
営業マンのあるべき姿なのです。

ですので、もしあなたが

「営業の仕事が好きなので報酬は低くても満足」

と思っているのなら、それは間違いです。

そんな思いはただの売れない言い訳にすぎません。

もしあなたが営業マンとして生きていくのであれば
報酬には徹底的にこだわってください。

それが、ひいては所属している会社を儲けさせ
自分も稼ぐことができるようになるのです。

あなたも営業マンならプロとして
自分の報酬を上げることに
常にこだわってください。

応援しています^^

それでは本日は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

また次回もお会いしましょう☆

よろしくお願いいたします。

即決営業コンサルタント

セールス堀口