伸びる営業マンと伸びない営業マンの違い

会社に所属していると、ぐんぐんと伸びていく営業マンとそうでない営業マンが絶対に存在しているかと思います。皆さんは伸びる営業マンが伸びていく理由はなんだと思いますか。

「あいつはもともと営業のセンスがあったから」

「あいつは先輩に気に入られたり運が良かっただけだから」

こんな風に考えてしまえば楽かもしれませんが、そうではないです。伸びる営業マンと伸びない営業マンの間にはもっと他の違いがあります。

今回はこの伸びる営業マンと伸びない営業マンの違いについてお話ししたいと思います。

勝負は仕事外の時間

突然ですが、あなたは仕事が終わって家に帰ったら何をしますか?

もしくは商談先への移動時間には何をしていますか?ゲーム、睡眠、スマホをいじる、家族と戯れる、人によって答えは様々かと思います。

しかし、伸びる営業マンと伸びない営業マンとの大きな違いはこう言った仕事外の時間や隙間時間の使い方にあるのです。

例えば、電車での移動時間や通勤時間の間、伸びない営業マンは寝ていたり、スマホゲームをしていたりします。しかし、この間に伸びる営業マンは読書などをして知識を蓄えています。そして読書をしていることによって教養の幅が広がり、商談の際にフリートークで話せる内容に幅が広がります。

 

他にも家に帰ってからの時間、伸びない営業マンは移動時間と同様に娯楽をしていることが大半かと思います。ですが、伸びる営業マンは先輩の商談に同行した際の録音を文字に起こして明日から使えるようにスクリプトにおこしたりしているのです。そしてそれをそのまま使いこなせるようになり契約が取れて伸びていくのです。

隙間時間の活用が大きな差を生む

もちろん、毎日隙間時間やプライベートを犠牲にして仕事をすることが良いと言っているわけではありません。そんなことをしては体が壊れてしまいますし、リフレッシュも大事です。ですが日々の生活の中でちょっとした隙間時間は誰にでもあると思います。その時間を自分を高めるために使えるかどうか、これがとても大事なことなのです。

一回一回の時間はそんなに長くないかもしれませんが、積み重なることで伸びる営業マンと伸びない営業マンとの間には大きな差が生まれてくることになります。

 

この記事を読んでくださった営業マンの方は、今日から30分だけでも営業のために時間をつ糧みてください。その積み重ねがあなたの営業力につながります。
即決営業メソッドを知りたい人はコチラをクリックしてください。

 

▼LINEで営業無料相談承っております▼