研修実績

富士商工会議所 2018.10.26

株式会社YCMリアルエステートインターナショナル 2018.10.11

刈谷商工会議所 2018.08.24

株式会社ネクシィーズ 2018.08.10

草津商工会議所 2018.7.26

株式会社テイクアクション 2018.7.24

ライフコンシェルジュ 2018.07.21

鹿児島商工会議所 2018.7.3

ダイサン株式会社 2018.6.30

エコノス株式会社 2018.05.17

MAP経営セミナー 2018.04.17

訪販EXPO 2018.04.11

株式会社GMコーポレーション 2018.03.21

オフィスナビ株式会社 2018.02.16

株式会社シグナストラスト 2018.01.23

徳島商工会議所2017.12.18

株式会社シェア2017.12.11

株式会社グラシアス2017.11.25

株式会社テレックス関西2017.11.24

さいたま商工会議所2017.11.22

滑川商工会議所2017.11.16

岩国商工会議所2017.10.26

フロンティア株式会社2017.10.23

石狩商工会議所2017.09.26

株式会社シャリオン2017.09.10

長門商工会議所2017.09.05

金沢商工会議所2017.08.10

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 2017.07.18

函館商工会議所 2017.07.13 

メットライフ生命 大阪城北エイジェンシーオフィス 2017.6.30

新潟商工会議所 2017.06.08 

住友生命保険相互会社 奈良支社 2017.05.31 

株式会社シンクスマイル(ホワイトニング機器販売)2017.04.15 

株式会社エヌリンク(結婚相談所)2017.04.05

某大手蚊取り線香メーカー 2017.02.25

未来電子テクノロジー株式会社(webマーケティング)2016.12.08 

株式会社ラドルチェ(脱毛サロン)2016.10.05

営業マン最大の悩み

それはお客様の「考えます」の攻略です。
「商品説明」「料金説明」を聞いたとしても、ほとんどのお客様ははっきりとした答えを出せないものです。この60%の「曖昧なお客様」を「即決」に誘導することこそが、我々営業マンの最大のテーマだと言えるでしょう。

「契約してください」を言っていますか?

売上が伸びない営業部の最大の原因は、お客様に対して「訴求」をしていないことです。営業マンの別名は「クローザー」です。「プレゼンテーションマン」ではなく「クロージングマン」なのです。お客様にきっちり「訴求」をすることが、営業マンの役割であり、この役割を自社の営業マンに認識させることが、売上向上に繋がります。

訴求をしない営業マンの割合

弊社のデータによれば、ほとんどの営業マンはお客様にしっかりとした【訴求】が出来ていません。「ご決断ください」「この機会にスタートしてください」などという「契約してください」の一言がしっかり言えている営業マンの割合は、2割以下です。

訴求できない理由

多くの営業マンの「契約してください」の一言が言えない1番の原因は、「即決」を正しいことと思えていないことです。
人は誰でも、正しいと思っていないことを、強く言えないものです。