営業マン最大の悩み

それはお客様の「考えます」の攻略です。
「商品説明」「料金説明」を聞いたとしても、ほとんどのお客様ははっきりとした答えを出せないものです。この60%の「曖昧なお客様」を「即決」に誘導することこそが、我々営業マンの最大のテーマだと言えるでしょう。

「契約してください」を言っていますか?

売上が伸びない営業部の最大の原因は、お客様に対して「訴求」をしていないことです。営業マンの別名は「クローザー」です。「プレゼンテーションマン」ではなく「クロージングマン」なのです。お客様にきっちり「訴求」をすることが、営業マンの役割であり、この役割を自社の営業マンに認識させることが、売上向上に繋がります。

訴求をしない営業マンの割合

弊社のデータによれば、ほとんどの営業マンはお客様にしっかりとした【訴求】が出来ていません。「ご決断ください」「この機会にスタートしてください」などという「契約してください」の一言がしっかり言えている営業マンの割合は、2割以下です。

訴求できない理由

多くの営業マンの「契約してください」の一言が言えない1番の原因は、「即決」を正しいことと思えていないことです。
人は誰でも、正しいと思っていないことを、強く言えないものです。